硬貨

コツコツ稼ぎたいならみんなで大家さんがベスト

経営を成功させる方法

集合住宅

入居者の保証人

アパートなどの賃貸経営は入居者からの賃料で成り立ちますので、経営に最も重要な点は当然賃料収入を得ることですが、せっかく入居率を高めても賃料の滞納などがあると安定した経営は望めません。入居の際、賃料の支払いについての連帯保証人をつけてもらっているので、入居者に賃料に滞納があった場合にはその連帯保証人に請求できます。しかし個人の保証の場合、入居者に代わって自分が支払うことになるなどということを考えもせず、安易に連帯保証人になっているケースがほとんどです。つまり、請求してもなかなか支払ってもらえない。請求してみると支払う資力がないなど、個人の保証人は不安定なものです。そのような理由から、現在は賃貸保証会社の賃料保証を条件とすることが主流です。アパートオーナー側から考えると賃料の滞納はゼロになり、回収できないということもありませんので安定して賃料が入金になります。また、賃貸保証会社により入居申込者の審査がありますので、入居申込者の信用を調査のうえ貸すことができることから2重の安心を得ることができるのです。借りる側から考えても、賃貸保証会社に保証料を支払うことでアパートを借りることができるため、保証人を誰に頼もうなどと頭を悩ますことがなくなります。賃貸保証会社を利用した契約は、貸す側にも借りる側にもプラスになるのです。現在のアパートなどのほとんどが、賃貸保証会社の保証が付くことを賃貸条件となっています。